会社概要トップページ

年表

 1967 松村慶子(現(株)アズミックス 会長)・小澤惇(現:小澤音楽事務所代表取締役会長)の二人で音楽出版ジュンアンドケイを設立
 1968


ロス・インディオス「コモエスタ赤坂」
菅原洋一「知りたくないの」

ザ・キングトーンズ「グットナイトベイビー」
佐川満男「今は幸せかい」
などの制作を手がけ、当時の社交場であるサパークラブやホテルラウンジでまたたく間に流行歌となった
 1969 浅川マキ「夜が明けたら」リリース
 1970 浅川マキ初LP「浅川マキの世界」をリリース
ベトナム戦争や国内学生運動など混沌とした時代、若者達の間ではカリスマ的存在となり日本に於けるアンダーグラウンドを主体とした音楽活動の第一人者である

菅原洋一「今日でお別れ」リリース レコード大賞受賞
 1971 小椋桂「少しは私に愛を下さい」を手がけ大ヒット
 1972 りりィ 「たまねぎ」 LPデビュー

桑名正博率いるロックバンド・ファニー・カンパニーがデビュー

“西のファニカン・東のキャロル”と湧き上がったロックバンドブームの主役に駆け上がった

ライブハウス 「新宿ルイード」を設立
 1973 麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」 リリース
 1975 フォーク・ポップス・ロックと若者の音楽志向が多様化していき「ニューミュージック」という新たなジャンルが誕生していった

ダ・カーポ「結婚するって本当ですか」・
伊東ゆかり「わたし女ですもの」・
りりィ「私は泣いています」
など制作
 1976


森田童子「ぼくたちの失敗」

しばたはつみ「マイ・ラグジュアリー・ナイト」リリース
 1978 東京の人口がドーナツ化現象を起こしはじめ、TVでは新しいアーティスト発掘番組が人気だった

J&K 「八王子音楽祭」開催
 1979 桑名正博「セクシャルバイオレットNo.1」をリリース 
130万枚のセールスを記録

SPEED WAY「ジャスト・ラブ・ストーリー」リリース
 1980 港区麻布十番にレコーディング・スタジオ「JAK」を設立
 1981 泰葉 「フライディチャイナタウン」リリース
 1982 欧陽菲菲「LOVE IS OVER」リリース
 1983 1980年代初頭に巻き起こったテクノ/ニュー・ウェイヴという新たな音楽ジャンルを日本で確立した

「YMO」がムーブメントの中心にいた頃、インストではなく、切れのいい歌を入れたユニット「TM NETWORK」が結成され、翌、1984年「金曜日のライオン」でデビュー
 1984 芦屋雁之助「娘よ」リリース
 1987 ザ・コレクターズ アルバム「僕はコレクター」でデビュー

TM NETWORK 「GET WILD」リリース 
 1988 ライブハウス「原宿ルイード」を設立 
 1989 オリコン主催によるレコードセールス大賞、音楽出版部門で7位を獲得
 1990

G-CLEF デビュー

インストゥルメンタルバンドとしては初めてのNHK紅白歌合戦出場
 1991 THE MAD CAPSULE MARKET’S THE MAD CAPSULE MARKET’S ビクターより
ギチ」「あやつり人形」「カラクリの底
シングル3部作でデビュー
 1994 清水まりこ 「父娘坂」リリース
 1995 鈴木重子 1stアルバム「Premiere」でBMGよりリリース

前年ジャズボーカル新人賞を受賞し、名門ニューヨーク「ブルーノート」で日本人初のライブを行い、ジャズ界で話題となった
 2001 有里知花 アルバム「hana」をリリース  
東芝EMIよりデビュー

収録曲「I cry」がハワイFMステーションDaBombでリクエストチャート1位を獲得、日本でも話題を呼ぶ
 2002 佐々木秀美「懺悔」でデビュー

圧倒的な声・表現力と存在感で魅了し話題を呼ぶ

日本音楽界の偉人、作詞家・故・阿久悠もこのアルバムのためにだけに書き下ろした詩を提供
 2005 indigo blueindigo blue アルバム「indigo blue」リリース
 2006 てるる… 小澤賢太郎 社長就任

てるる… ミニアルバム「贈りもの」リリースでデビュー
 2007 電クラ杉ちゃん&鉄平 アルバム「電クラ」リリース
さまざまな電車の音を古今のクラシックの名曲にのせ表現したユニークな作品

同年「電クラ2」もリリース
 2009 オフィスを赤坂に移転